« 海外FXのハイレバレッジは悪くない | Home | 世界はハイレバレッジでスタンダード »

2015年9月 1日

レバレッジの本当の意味

レバレッジは日本語で「てこ」だとよく言われています。そして、実は、レバレッジとは、「ポジションの金額とポジションを持つための証拠金の対比」のことなんです。

・10万円で1万通貨(約100万円)→レバレッジ10倍
・100万円で1万通貨(約100万円)→レバレッジ1倍
・1000万円で1万通貨(約100万円)→レバレッジ0.1倍

表現を少し変えると、レバレッジが高ければ高いほど拘束される資金が少なくて済む=資金を他の用途に使えるわけです。

余った証拠金を別用途に向ける
ハイレバレッジをうまく活用すれば拘束される資金が少なくなるので、余った証拠金は他の用途にまわすことができます。余った証拠金ですからFX以外のことに利用するわけにはいきません(アタリメーじゃないか!)。システムトレード向けのお金にするのも一つの考え方だと思います。
すでにハイレバを張っているのであれば、余った資金はとりあえず穏やかに使うというのもいいかもしれません。例えば、レバレッジを抑えてたり、レバレッジ1倍でもいいわけで、余裕のある証拠金で精神的なゆとりを持って取引ができると思います。

さらに、1万通貨を使うのに10通貨ペアの注文を出したりすれば、儲けのチャンスは10倍になります、あくまでチャンスですが...もちろん適当すぎる通貨ペアでは損失リスクになりますから、適切な通貨ペアを選択すれば証拠金を有効に使えるはずです。
すでにハイレバのポジションを持っていて、こうした上記2例のようなスタンスで少しだけでもレバを掛ければトータルポジションの資金効率を上げられるようになります。海外FX会社にしかないゼロカット制度もあることですし、投資のやり方の幅が広がるとい意味では、レバ最大25倍の国内FX会社よりも数百倍の海外FX会社を選択しておいたほうがベターだと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ah-j.net/mt-tb.cgi/2

コメントする

この記事について

このページは、mod23が2015年9月 1日 16:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「海外FXのハイレバレッジは悪くない」です。

次の記事は「世界はハイレバレッジでスタンダード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。