« レバレッジの本当の意味 | Home

2015年9月 1日

世界はハイレバレッジでスタンダード

投資の定義は、「リスクをとってリターンを求めること」ですよね。
レバレッジをどのように使うかは人それぞれですが、いずれにしても、今ならハイリスクハイリーンを、今ならローリスクローリターンだといったように、局面に合わせた判断をしなければならないのは確かだと思います。取引に強弱をもたせることができるのは海外FX口座の最大のメリットだと思います。型にはまった取引ばかりを続けているのは退屈でありかつ実利的でないと思います。ですから、最大500倍以上のレバをかけられるFX業者だからNGという発想は絶対に間違いです、海外FX会社のほうが世界的にはスタンダードだと考えるべきだと思います。
そして、ハイレバレッジをうまく活用する方法として、いくつかの口座を持って、口座を分散させて、少ない金額の口座は少ない証拠金でハイレバレッジでハイリターンを目指すというのも一策だと考えます。
まとめさせていただくと、「ものは使いよう」「ハイレバレッジも使いよう」というのが私の考えです、ですから、レバレッジについても倍率選択肢が大きい方がいい、「大は小をかねる」海外FX口座を勧めます。
以上、ハイレバレッジの選択ができる海外FXの取引口座のほうがグローバル標準であると述べましたが、単に標準だから良いというのではなく、トレーダーの利益の追求の仕方に幅を持たせるというメリットが大きいのが海外FXだと思います。そんな海外FX会社を比較紹介しているサイトも紹介したいと思います、ぜひ、政治背景と通貨というサイトに行ってみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ah-j.net/mt-tb.cgi/3

コメントする

この記事について

このページは、mod23が2015年9月 1日 16:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レバレッジの本当の意味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。