2015年9月アーカイブ

2015年9月 1日

世界はハイレバレッジでスタンダード

投資の定義は、「リスクをとってリターンを求めること」ですよね。
レバレッジをどのように使うかは人それぞれですが、いずれにしても、今ならハイリスクハイリーンを、今ならローリスクローリターンだといったように、局面に合わせた判断をしなければならないのは確かだと思います。取引に強弱をもたせることができるのは海外FX口座の最大のメリットだと思います。型にはまった取引ばかりを続けているのは退屈でありかつ実利的でないと思います。ですから、最大500倍以上のレバをかけられるFX業者だからNGという発想は絶対に間違いです、海外FX会社のほうが世界的にはスタンダードだと考えるべきだと思います。
そして、ハイレバレッジをうまく活用する方法として、いくつかの口座を持って、口座を分散させて、少ない金額の口座は少ない証拠金でハイレバレッジでハイリターンを目指すというのも一策だと考えます。
まとめさせていただくと、「ものは使いよう」「ハイレバレッジも使いよう」というのが私の考えです、ですから、レバレッジについても倍率選択肢が大きい方がいい、「大は小をかねる」海外FX口座を勧めます。
以上、ハイレバレッジの選択ができる海外FXの取引口座のほうがグローバル標準であると述べましたが、単に標準だから良いというのではなく、トレーダーの利益の追求の仕方に幅を持たせるというメリットが大きいのが海外FXだと思います。そんな海外FX会社を比較紹介しているサイトも紹介したいと思います、ぜひ、政治背景と通貨というサイトに行ってみてください。

レバレッジの本当の意味

レバレッジは日本語で「てこ」だとよく言われています。そして、実は、レバレッジとは、「ポジションの金額とポジションを持つための証拠金の対比」のことなんです。

・10万円で1万通貨(約100万円)→レバレッジ10倍
・100万円で1万通貨(約100万円)→レバレッジ1倍
・1000万円で1万通貨(約100万円)→レバレッジ0.1倍

表現を少し変えると、レバレッジが高ければ高いほど拘束される資金が少なくて済む=資金を他の用途に使えるわけです。

余った証拠金を別用途に向ける
ハイレバレッジをうまく活用すれば拘束される資金が少なくなるので、余った証拠金は他の用途にまわすことができます。余った証拠金ですからFX以外のことに利用するわけにはいきません(アタリメーじゃないか!)。システムトレード向けのお金にするのも一つの考え方だと思います。
すでにハイレバを張っているのであれば、余った資金はとりあえず穏やかに使うというのもいいかもしれません。例えば、レバレッジを抑えてたり、レバレッジ1倍でもいいわけで、余裕のある証拠金で精神的なゆとりを持って取引ができると思います。

さらに、1万通貨を使うのに10通貨ペアの注文を出したりすれば、儲けのチャンスは10倍になります、あくまでチャンスですが...もちろん適当すぎる通貨ペアでは損失リスクになりますから、適切な通貨ペアを選択すれば証拠金を有効に使えるはずです。
すでにハイレバのポジションを持っていて、こうした上記2例のようなスタンスで少しだけでもレバを掛ければトータルポジションの資金効率を上げられるようになります。海外FX会社にしかないゼロカット制度もあることですし、投資のやり方の幅が広がるとい意味では、レバ最大25倍の国内FX会社よりも数百倍の海外FX会社を選択しておいたほうがベターだと思います。

海外FXのハイレバレッジは悪くない

「レバレッジが高いとハイリスクだ」「だからハイレバできる海外FX業者で口座開設しないほうが良い」というようなことをときどき聞くことがありますが、これにはあまり賛成できません、いや、やはり間違いだと思います(ローレバ派の方々、すみません...)。
少ない資金で大きな取引ができて、大きな利益を得る可能性があり、同時に大きな損失を被る可能性もがありますが、お金が拘束されるのかされないのか、という視点で考えれば、レバレッジはやはり便利なものだと思います。


レバレッジ規制がなされるまでの日本でも、ハイレバレッジがまかり通っていた時代があったわけで、レバ倍率が下がるんしたがって、少ない証拠金でハイレバレッジの恩恵を受けていたトレーダたちは海外のFX業者を選好するようになりました。

日本では「国内バイナリーオプションが盛り上がってきた」となれば国内バイナリーオプションを規制したり、すぐ規制に動く傾向が強く、余談かもしれませんが、日本はパチンコ、競馬などで世界に冠たる「ギャンブル大国」なのに不思議でなりません。

「ローレバレッジだから大丈夫」といったリンクを国内FX業者のアフィエイトリンクが貼っているのを見ると「それこそ不実では」と思ってしまいます、なぜなら、国内FX会社では、海外FX会社で当たり前となっている「ゼロカット制度」を導入していないからです。

「ゼロカット制度を導入」している海外FX会社の高いレバレッジを使いこなせるトレーダを目指す方がずっと楽しみがあって実利的だと思います、国内FX会社から海外FX会社に乗り換えるトレーダーの多くは同意見をお持ちだと思います。

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。